スポンサーリンク

シュークリームロケッツ【夜中 動画ばかり見てる…】長月翠センターとつんく♂節いいね

スポンサーリンク

2018年6月3日よりラストアイドル in AbemaTVとしてスタートしたラストアイドル1期生のプロデューサーバトル第2弾。今回、シュークリームロケッツのプロデュースをするのはつんく♂さん。曲は「夜中 動画ばかり見てる…」。

プロデュースバトル第1弾ではLove Cocchi担当でしたが、今回はシュークリームロケッツ担当ですね。

実は、プロデュースバトル第1弾が発表された時からシュークリームロケッツとつんく♂さんは相性合うんじゃないかと思っていました。実際に、つんく♂さんプロデュースの楽曲でパフォーマンスをするシュークリームロケッツのメンバーを見て、改めてそれを確信しましたね。

出典:https://tr.twipple.jp/y/f1/24/%E3%81%A4%E3%82%93%E3%81%8F%E2%99%82x%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%84.html

スポンサーリンク

つんく♂節全開のシュークリームロケッツ「夜中 動画ばかり見てる…」

https://twitter.com/hello_ayumin/status/1011401304369852416

https://twitter.com/r_chimo_r/status/1011262466515337217

ご紹介したツイートにあるように、つんく♂さん節全開のシュークリームロケッツ「夜中 動画ばかり見てる…」。いや、これはかなりのつんく♂さん節ですよね。前回のLove Cocchi「青春シンフォニー」もつんく♂節の効いたメロディーでハロプロ感溢れる楽曲でしたが、「夜中 動画ばかり見てる…」もそれに負けないくらい、いやそれ以上につんく♂節が炸裂した曲だと思います。

女子目線の歌詞というのもなんか新鮮でいいですよね。曲調もですが、その歌詞がシュークリームロケッツの新たな魅力を引き出していると思います。「君のAchoo!」が秋元康節全開の男子目線の歌詞だっただけに、両者の対照的な部分が感じられるという点もまた面白いです。

関連記事→Good Tearsプロデューサー・近田春夫は秋元康の旧友!CMソングや代表曲も
関連記事→Good Tears【へえ、そ〜お?】の評判!歌詞は安倍内閣ネタ?
関連記事→Love Cocchi【Love Docchi♡】指原莉乃との相性よし?セクシー路線はファンに響くか
関連記事→LaLuceプロデューサー・後藤次利と秋元康は名コンビ!AKB48や代表曲も
関連記事→【Love Cocchi】山本愛梨の歌唱力とダンスの評判!Love Docchi♡でセンター守れる?
関連記事→【LaLuce】Everything will be all rightが神曲と評判!後藤次利さすがだな
関連記事→サムサム【いつの日かどこかで】歌唱力向上と秋元康節歌詞で遂に表題曲?

つんく♂さんプロデュースということで作詞、作曲はもちろんつんく♂さんが担当されていますが、「青春シンフォニー」の編曲者・平田祥一郎さん、「夜中 動画ばかり見てる…」の編曲者・大久保薫さんともにモーニング娘。をはじめとしたハロプロ楽曲の編曲を多く担当されています。編曲も担当プロデューサーと縁のある方が担当されているというのはいいですね。ってまぁプロデュースですから当然といえば当然ではありますが、楽曲につんく♂さんの色がより出ています。

それもあり、イントロからしてつんく♂さんワールドが感じられて、ハロプロ好きにはたまらない1曲になっているのではないでしょうか。

長月翠センターの評判

「夜中 動画ばかり見てる…」でもう1つ特筆すべき点は、センターが松本ももなではなく長月翠であるということ。松本ももなセンターがハマっていただけにバトル初戦終了の段階では複雑な心情の方が多いですね。

「想像以上のフルーツ」や「君のAchoo!」のような王道アイドル路線の楽曲のセンターならももなんが適任かと思います。ただ、今回のその2曲とはまったく違うマイナー調のバラード。要するに盛り上がる曲というよりは聴かせる曲となるわけですが、そうなると重視されるのは歌唱力。

そこで考えると、長月翠さんの歌唱力はどうしても必要なんですよね。長月翠さんの歌唱力があってこそ引き締まるという気もします。なので、「夜中 動画ばかり見てる…」に関しては長月翠さんセンターが正解ではないかと個人的には思うんですよ。

ただ、「夜中 動画ばかり見てる…」の世界観と長月翠さんがマッチしすぎているのか?シュークリームロケッツというより、もはや長月翠さんのソロプロジェクトかと錯覚してしまうくらいでしたが。笑

ももなんセンターが間違いないのは事実ですしポップなシュークリームロケッツが印象的なだけにまだこの路線にしっくりきていないところもあるのが本音ですが、新たなシューロケも見たいというのもあります。

シュークリームロケッツの新たな魅力を楽しみにしています!

(Visited 3,312 times, 1 visits today)