スポンサーリンク
スポンサーリンク

千葉県コロナ感染者数市町村別と内訳の速報【2020年7月23日時点】

スポンサーリンク

連日、新型コロナウイルスの関するニュースが続いていますね。

日本国内では第1波をピークアウトさせられましたが、ワクチンや治療薬が実用化されるまでは新しい生活様式の継続が必要です。

そこで今回は、2020年7月23日時点での千葉県コロナ感染者数の速報を市町村別にみていきましょう。

スポンサーリンク

2020年7月23日の市町村別千葉県コロナ感染者数速報

船橋市 199(+3)
松戸市 195(+8)
千葉市 157(+2)
市川市 154(+3)
東圧街 75
柏市 58(+5)
印西市 39(+2)
佐倉市 39
香取市 24
浦安市 65
習志野市 30
八千代市 26(+1)
白井市 14
鎌ヶ谷市 22
野田市 30
旭市 12
我孫子市 22
流山市 25
木更津市 17(+1)
市原市 13
酒々井町 8
袖ヶ浦市 9
富里市 7
八街市 8
銚子市 8
成田市 11
横芝光町 5
匝瑳市 5
四街道市 13(+1)
茂原市 4
山武市 3
一宮町 3
いずみ市 1
南房総市 1
東金市 2
勝浦市 1
君津市 2(+1)
芝山町 1
大網白里市 2(+1)
大多喜町 0
御宿町 0
鴨川市 0
鋸南町 0
九十九里町 0
神埼町 0
栄町 0
白子町 0
多古町 0
館山市 1
長生村 0
長南町 1
長柄町 0
富津市 0
睦沢町 0

以上が2020年7月23日時点での千葉県コロナ感染者数(市町村別)とその内訳です。

2020年7月23日の千葉県コロナ感染者数は33人。これにより、2020年7月23日時点での千葉県コロナ感染者数は1410人となりました。

7月23日に確認されたのは、松戸市の高校生や船橋市の職員など10代から80代の男女33人。

千葉市8人、柏市5人、船橋市と松戸市が各3人、市川市と印西市が各2人、木更津、君津、大網白里、八千代、四街道の5市で1人ずつ。県外は、東京都2人、茨城、宮崎県が各1人でした。

このうち、千葉市中央区の繁華街にある接待を伴う飲食店では、いずれも男性の従業員で20代が5人、30代が1人の感染が新たに判明。この店では、21日、別の男性従業員の感染が確認されたことから、同僚などを対象に検査が行われました。今回、発表された6人のうち5人には症状が出ていないとのことです。

また、千葉県によりますと、印西市にある「きんでん人材開発センター」で研修を受けていた社員の集団感染では新たに2人の男性の感染が判明しました。

千葉県は、都道府県ごとの感染者数としては6番目に多く確認されています。東京都の1万420人に比べると少ないです。とはいえ、油断はできません。

関連記事→北九州第二波は市外住民から感染か~県外の往来自粛と経済活動両立の方法は?
関連記事→北九州市は独自で緊急事態宣言を出す?第二波を最小限にするためには
関連記事→新しい生活様式でのコンサート開催の問題点~定員半分で利益を出せる?
関連記事→東京都ロードマップでイベント再開は可能?自粛緩和に潜む影とは
関連記事→コロナ第二波を最小限に抑える方法は?韓国のクラスター発生をみた
関連記事→コロナ 自粛に緩みは危険!第二波を抑制するために必要なことは?
関連記事→コロナ感染者数減少傾向でも新しい生活様式なぜ必要?対策の重要性とは
関連記事→コロナは自粛しても終息しない?経済活動再開のために必要なこととは
関連記事→コロナ 都市部の人出の減少状況【2020年5月9日時点】緩み厳禁!
関連記事→コロナ PCR検査拡大は可能?ICU確保とのバランスも必要か
関連記事→緊急事態宣言 14日検討は早急か?解除の条件や収束への課題を考察

市町村別だと感染者が出ていない地域も多くありますが、緩みは禁物ですね。

繰り返しになりますが、2020年7月23日に確認された千葉県コロナ感染者数は33人。爆発的な感染拡大には至っておりませんが、気を緩めず新しい生活様式を意識していきたいですね。

第二波を最小限に抑えられるよう、緩みのない生活を意識しましょう。

(Visited 245 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク