スポンサーリンク
スポンサーリンク

グランメゾン東京 gakuはなぜ星を取れなかった?丹後のセリフから考察

スポンサーリンク

2019年秋ドラマ「グランメゾン東京」。12月29日に最終回を迎えました。

見事、三ツ星を獲得できたグランメゾン東京。ところが、gakuは三ツ星どころか1つ星すら獲得できませんでした。

なぜ、gakuはなぜ星を取れなかったのでしょうか?

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

gakuが星を取れなかった理由は?「グランメゾン東京」最終回

三ツ星獲得のために丹後(尾上菊之助)の代わりとなる新しいシェフを呼んだ江藤。しかし、江藤が呼び寄せた新しいシェフ・結月(馬場徹)はとにかく自分勝手。結果、他の従業員がボイコットをし結月も店を去ってしまいました。

その後、結局丹後が復帰し再起動を図るgakuでしたが、結局星は取れず。

いくら丹後が復帰したとはいえ、1度店がボロボロになってなってしまったという事実は消せません。gakuが崩れた時もグランメゾン東京のメンバーは三ツ星へ向けてひたすら努力をしていたわけですからね。

…と言っても、gakuは二つ星だったわけです。そのgakuが1つ星すら取れなかったというのは料理自体にも問題はあったはず。

そこで考えられるのはやはり「奇抜過ぎて欲しを逃すかもしれない」という丹後の言葉。その奇抜さが星を逃した決定的な理由となってしまったのかもしれませんね。

ただ、二つ星だったgakuが無星というのは。。そこらへんもう少し描かれていてもよかった気もします。

とりあえず、このままでは丹後が不遇すぎますし、「グランメゾン東京」gakuのスピンオフを希望しますw

(Visited 4,961 times, 9 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク