スポンサーリンク
スポンサーリンク

北九州市コロナ感染者数【2020年5月29日】第二波の警戒を!

スポンサーリンク

連日、新型コロナウイルスの関するニュースが続いていますね。日本国内では第1波を収束へ向かわせることができましたが、第二波を警戒しなくてはなりません。

第二波を最小限に抑え感染拡大を防ぐためにも、新しい生活様式を国民1人1人が意識をする必要があります。

そこで今回は、2020年5月29日の北九州市コロナ感染者数をみていくとともに、今一度感染症対策について考えていきましょう。

スポンサーリンク

2020年5月29日の北九州市コロナ感染者数

2020年5月29日の北九州市コロナ感染者数は26人。前日28日の新規感染者数21人からさらに5人増加した形となりました。

これで北九州市での感染確認は7日連続で確認されたことになります。7日間の新規感染者数の合計は69人で、北橋健治市長は「第二波の真っただ中にいる」と発言しています。

関連記事→東京都ロードマップで飲食店の営業時間を指定する理由~小池都知事の意図は
関連記事→コロナ第二波を最小限に抑える方法は?韓国のクラスター発生をみた
関連記事→コロナ PCR検査拡大は可能?ICU確保とのバランスも必要か
関連記事→緊急事態宣言 14日検討は早急か?解除の条件や収束への課題を考察
関連記事→東京都ロードマップでイベント再開は可能?自粛緩和に潜む影とは
関連記事→コロナ 自粛に緩みは危険!第二波を抑制するために必要なことは?
関連記事→コロナ感染者数減少傾向でも新しい生活様式なぜ必要?対策の重要性とは
関連記事→コロナは自粛しても終息しない?経済活動再開のために必要なこととは

28日に確認された21人に関しては、そのうち12人が医療スタッフであることが判明しています。また、2つの病院でクラスターが発生していることも明らかとなっており、院内感染率が高いという状況です。

ですが、他は経路不明率が高いこと、そして26人という数字は北九州市の1日の感染者数としては過去最多です。これは強く警戒しなければなりませんね。

これまでの努力を無駄にしないためにも、第二波は抑えなければなりません。

繰り返しになりますが、2020年5月29日の北九州市コロナ感染者数は26人。気を緩めず新しい生活様式に務めましょう。

(Visited 10 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク