スポンサーリンク

大杉漣の優しい人柄に号泣!アナザースカイでの妻への言葉や歌に感動

スポンサーリンク

2018年3月2日に放送された「アナザースカイ」の大杉漣さん出演回

いやー、感動的でしたね。感動しっぱなしの30分間で、涙が止まりませんでしたよ。

大杉漣さんの言葉ひとつひとつに感動させられ考えさせられ…とにかく、本当に素晴らしい回でした。大杉漣さん出演のアナザースカイを放送してくれて、心からありがとうって感じです。歌も聴けましたし。

何より、大杉漣さんの優しい人柄がアナザースカイの中で改めて大いに感じられたのがとてもよかったです。中でも、妻への感謝の言葉を口にしたシーンなんてもう…。

こちらの記事では、大杉漣さんが出演されたアナザースカイの感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

大杉漣さんの優しい人柄が伺えるアナザースカイで妻への感謝の言葉

「アナザースカイ」の中で、大杉漣さんはご自身の妻について語られていました。大杉漣さん曰く、ギャンブルにハマった時期もあったりと、妻は大変だったと思うと振り返った漣さん。

この時の「大変だったと思うんですよ。」という言葉や口調からしても、大杉漣さんの優しい人柄が十分伝わってきたのですが、漣さんは更に続けてこう語りました。

僕の子供まで、2人も産んで下さって

これは、大杉漣さんが妻に対して常に感謝を持ち続けていなければ出てこない表現ではないかと思います。この言葉から、漣さんが妻を心から尊敬していたことが分かりますよね。

バラエティなどでも優しい人柄が垣間見れた瞬間がえりましたが、大杉漣さんはきっとそのイメージ通りの方だったのでしょう。

関連記事→大杉漣はバラエティでもドラマを生んだ俳優!ぐるナイや食わず嫌いも
関連記事→アナザースカイ韓国ロケにみる大杉漣の俳優魂!映画監督と再会で神回?
関連記事→【バイプレイヤーズ】3話感想まとめ~大杉漣の偉大さを改めて実感
関連記事→大杉漣ロス~名バイプレイヤーを失った俳優業界やファンの衝撃
関連記事→バイプレイヤーズ最終回感想まとめ~スタッフの大杉漣愛と神編集に感動

ただ、実際に妻を尊敬していたとしても、このような表現で感謝の言葉を口に出来る方はそういないのではないでしょうか。妻に対する感謝の言葉を、こういった形で口に出来る漣さんこそ、自分は尊敬します。こんな風に歳をとっていけたらなぁ…。

一言ではありますが、その一言の中には大杉漣さんの妻に対する感謝や優しい人柄が伝わってくる実に心のこもった一言でしたね!

一般人にも優しい大杉漣

「アナザースカイ」での妻に対する感謝の言葉だけでも大杉漣さんの優しい人柄は十分伝わってくるのですが、大杉漣さんの優しい人柄は妻に対してだけではありません。大杉漣さんは、一般人にもとても優しい方でした。

「アナザースカイ」でも、大杉漣さんが道を歩いている際に一般人であろう人たちと握手を交わすシーンが映っていました。このシーンからも大杉漣さんの優しい人柄がすごく伝わってきたんですよね。

今回は、一般の方が大杉漣さんの優しい人柄に触れた時のエピソードをご紹介していきます。

https://twitter.com/ma56u_u/status/966327649286070274

https://twitter.com/5ruriruriruuN/status/966863568665657344

やはり、大杉漣さんは優しい人柄だったんですね。こうして、みなさんのエピソードを聞いているだけでも感動します。

俳優さんって、アイドルとかと違って近寄りがたいイメージがあるんですよね。大杉漣さんは優しい人柄を演じられる時もありますが、ヤクザ映画のイメージもありますから尚更恐いイメージもあると思います。

ですが、そんなイメージとは真逆の心の暖かい方だったんだと改めて感じました。

アナザースカイで大杉漣さんが歌った高田渡「生活の柄」

出典:https://karin.muragon.com/entry/55.html

https://twitter.com/komekojichiro/status/969581197134213120

「アナザースカイ」の中で、歌も披露された大杉漣さん。大杉漣さんは、音楽活動もしていたんですよね。

「バイプレイヤーズ」でも共演をしていた田口トモロヲさんに誘われて組んだ大杉漣バンドは、ライブ活動も行っていました。

そんな大杉漣さんが「アナザースカイ」で歌ったのが高田渡さんの「生活の柄」。何故、大杉漣さんはこの曲を歌ったのでしょうか。

大杉漣さんの本名は、大杉孝(たかし)さん。漣という名前は、大杉漣さんが大ファンだったフォークシンガー・高田渡さんの息子である高田漣さんから取ったものです。大杉漣さん自ら高田渡さんのところへ、息子さんの名前を自分の芸名に下さいと直談判したことで、実現したとのこと。

「アナザースカイ」で歌った「生活の柄」は、大杉漣バンドのライブでも歌われてきました。

高田渡さんは2005年に亡くなってしまいましたが、渡さんが亡くなられた後も息子・高田漣さんとの交流はありました。

そんな大杉漣の名付け親である高田渡さんの楽曲を歌った大杉漣さん。これも、大きな意味があったように感じますね。

今回「アナザースカイ」のロケで、漣さんが歌を披露していて本当によかったと思います。漣さんの歌を聴いていたら、漣さんがこれまでに出演されてきた作品が脳裏に蘇り、またまた感動して涙腺が緩くなってしまいました。

漣さん、喋ってる時の声も素敵ですが、歌声も素敵ですよね…。

“歩き疲れ 寝たのですが 眠れないのです”

希望がいっぱいあった漣さん。少しばかり疲れて寝てしまったものの、今頃やりたいことがありすぎて眠れずにうずうずしているのではないでしょうか。いや、もうやりたいことをやっているかもしれませんね。

向こうの世界でも、大杉漣さんはたくさん芝居をしてたくさん歌っていくことでしょう。

(Visited 386 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする