スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪コロナ感染者数まとめ【2020年7月】第二波の警戒を!

スポンサーリンク

連日、新型コロナウイルスの関するニュースが続いていますね。

日本国内のコロナ感染者数は1度は減少傾向に転じたもの、7月現在再び増加傾向にあります。ワクチンや治療薬が実用化されるまでは安心できません。

そこで今回は、2020年7月の大阪コロナ感染者数をまとめます。

スポンサーリンク

2020年7月の大阪コロナ感染者数まとめ

日付 感染者数
7月1日 10人
7月2日 8人
7月3日 11人
7月4日 17人
7月5日 6人
7月6日 8人
7月7日 12人
7月8日 10人
7月9日 30人
7月10日 22人
7月11日 28人
7月12日 32人
7月13日 18人
7月14日 20人
7月15日 61人
7月16日 66人
7月17日 53人
7月18日 86人
7月19日 89人
7月20日 49人
7月21日 72人
7月22日 121人
7月23日 104人
7月24日 149人
7月25日 132人
7月26日 141人
7月27日 87人
7月28日 155人
7月29日 221人
7月30日 190人

以上が2020年7月の大阪コロナ感染者数まとめです。

大阪は4月9日に最多の92人を確認しましたが、その後減少傾向に転じました。緊急事態宣言が解除され経済に活気が戻りつつある現状、微増は想定内です。吉村知事の「大阪モデル」は評価すべきだと思います。

関連記事→東京都ロードマップで飲食店の営業時間を指定する理由~小池都知事の意図は
関連記事→コロナ第二波を最小限に抑える方法は?韓国のクラスター発生をみた
関連記事→コロナ PCR検査拡大は可能?ICU確保とのバランスも必要か
関連記事→緊急事態宣言 14日検討は早急か?解除の条件や収束への課題を考察
関連記事→東京都ロードマップでイベント再開は可能?自粛緩和に潜む影とは
関連記事→コロナ 自粛に緩みは危険!第二波を抑制するために必要なことは?
関連記事→コロナ感染者数減少傾向でも新しい生活様式なぜ必要?対策の重要性とは
関連記事→コロナは自粛しても終息しない?経済活動再開のために必要なこととは

しかし、大阪名物「串カツ」の醍醐味である二度漬け禁止ソースはボトルに変更されるなどコロナ対策をしながらの経済活動再開。もちろん、コロナ前のような日常に戻ることは難しいのが現状です。新しい生活様式を取り入れながら経済活動をしていく必要がありますね。

新しい生活様式をせずに対策を怠ると、また再び感染者数が増加してしまいます。経済活動をしていくためにも、国民1人1人が新しい生活様式を意識していかなくてはなりません。

繰り返しになりますが、2020年7月30日の大阪のコロナ感染者数は190人。第二波を最小限に抑えられるよう気を緩めず新しい生活様式に務めたいですね。

また当記事では、7月31日以降も大阪のコロナ感染者数をまとめていきます。

(Visited 878 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク