スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京都コロナ感染者数【2020年6月11日】新しい生活様式の継続を!

スポンサーリンク

連日、新型コロナウイルスの関するニュースが続いていますね。

東京都及び日本国内のコロナ感染者数は4月のピーク時に比べれば減少しています。しかし、5月後半から東京都では微増傾向にあります。

第二波を最小限に抑え感染拡大を防ぐためにも、新しい生活様式を国民1人1人が意識をする必要があります。

そこで今回は、2020年6月11日の東京都コロナ感染者数をみていきましょう。

スポンサーリンク

2020年6月11日の東京都コロナ感染者数

2020年6月11日の東京都コロナ感染者数は22人。これにより、東京都コロナ感染者数は5448人となりました。

東京都コロナ感染者数は5月に入ってから減少傾向にあり、5月23日は2人にまで減りました。ところが、5月24日は14人、5月25日は8人、5月26日は10人、5月27日は11人と再び増加傾向にあります。

11日に確認された22人のうち、12人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、このうち3人は集団感染が発生した小金井市の武蔵野中央病院の患者とのこと。残りの10人は、今のところ感染経路が分かっておらず、6人は夜の繁華街に関連している人で、いずれもホストクラブに勤める20代と30代の男性だということです。

また、20代と30代は合わせて15人と全体の7割近くを占めています。

11日に東京アラートが解除され、東京都はロードマップのステップ3へ移行しました。実際、2020年6月11日時点での最多記録・201人(4月17日)に比べると少数ではありますが、油断は禁物。引き続き第二波を拡大させないよう注意が必要ですね。

関連記事→東京アラートが存在する意味~ステップ3やガイドラインの問題点
関連記事→東京都ロードマップでイベント再開は可能?自粛緩和に潜む影とは
関連記事→東京アラート基準超えでステップ 2へ移行は成功?小池知事の意図は
関連記事→新しい生活様式でのコンサート開催の問題点~定員半分で利益を出せる?
関連記事→コロナ第二波を最小限に抑える方法は?韓国のクラスター発生をみた
関連記事→コロナ PCR検査拡大は可能?ICU確保とのバランスも必要か

いくら感染者数が減少しても気を緩めた途端に再び増加するのが現実。これがコロナの厄介なところです。

関連記事→コロナ 自粛に緩みは危険!第二波を抑制するために必要なことは?
関連記事→コロナ感染者数減少傾向でも新しい生活様式なぜ必要?対策の重要性とは
関連記事→コロナは自粛しても終息しない?経済活動再開のために必要なこととは

ですが、再び自粛要請が出る可能性もあります。それを防ぐには、新しい生活様式を意識していく必要がありますね。東京アラートから再度自粛要請にならないようにしたいところです。

繰り返しになりますが、2020年6月11日に東京都で確認された陽性者数は22人。爆発的な増加には至っておりませんが、新しい生活様式の継続を心がけましょう。

(Visited 13 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク