スポンサーリンク

今井翼がフラメンコとスペイン語が得意な理由!大学の講義経験も

スポンサーリンク

2018年9月10日をもって所属していたユニット・タッキー&翼の解散、2018年内でジャニーズ事務所からの退所を発表した今井翼さん。

もうタキツバの2人が揃うことはないのかと思うと、何とも寂しいですよね…。

そんな今井翼さん、実はスペイン語やフラメンコが得意です。なぜ、スペイン語やフラメンコが得意となったのでしょうか?

今回は、今井翼さんがスペイン語やフラメンコが得意となった理由についてまとめていきます。

出典:https://shinbishika-guide.com/imai-tsubasa/

スポンサーリンク

主演舞台をきっかけにフラメンコの虜となった今井翼

今井翼さんがスペイン語やフラメンコが得意となった理由。これは、2007年に今井翼さんが主演を務めた舞台「World’s Wing 翼 Premium」がきっかけでした。これは、「大阪松竹座 新築開場10周年記念」の特別公演として開催された舞台(その後、日生劇場にでも開催)で、今井翼さんにとってこの「World’s Wing 翼 Premium」が始めて座長を務めた舞台です。

関連記事→滝沢秀明の生い立ちが壮絶?両親の離婚や母親の再婚に家族エピソードも
関連記事→平野紫耀の母は脳腫瘍?歌唱力や演技力の評判に天然エピソードも

で、この「World’s Wing 翼 Premium」がなぜスペイン語やフラメンコに繋がったのかというと、この舞台の中で今井翼さんは本格的なフラメンコを披露することになったのです。それを受け、今井翼さんは4日間与えられたオフを利用しスペインへ。スペイン滞在中、毎晩本場の踊りを鑑賞し「World’s Wing 翼 Premium」本番へ向けてフラメンコを習得しました。

初めはあくまで「World’s Wing 翼 Premium」でフラメンコを披露するために急遽スペインへ飛んだようですが、この時今井翼さんはスペイン、そしてフラメンコに魅了されます。

スペインから帰国した後ももっと本格的にフラメンコを習得したいと思った今井翼さんは、フラメンコダンサーの佐藤浩希氏に師事、その後もフラメンコ修行のために年に3回ほどスペインを訪問しそのスキルを磨き上げてきました。

「World’s Wing 翼 Premium」は2007年、2008年と2年連続で開催。2007年版では約4分間フラメンコを1人で踊り、2008年版ではなんと10分間も1人でフラメンコを踊り切りました。

更には、前途した佐藤浩希氏との縁から佐藤浩希氏がフラメンコ振り付けを担当した歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」への出演も果たした今井翼さん。まさしく、スペインとフラメンコが繋いでくれた素敵な縁でしたね!

フラメンコをきっかけにスペイン語の学習も

このように、主演舞台「World’s Wing 翼 Premium」をきっかけにスペイン、フラメンコに魅了された今井翼さんですが、彼のフラメンコに対する情熱はそれだけに留まりませんでした。

フラメンコに関する理解をもっと深めたいと思った今井翼さんは、2009年頃からスペイン語の学習にも取り組むようになります。その熱意は仕事にも繋がり、2011年3月には「テレビでスペイン語」(NHK)のナビゲーターとして出演しました。番組での会見では「かねてより出演を希望していた」とナビゲーター起用に喜びのコメントを。スペイン語を仕事にも生かしていきたいと意気込みを熱く語りました。

その約1年後となる2012年6月14日、今井翼さんは世界初のスペイン文化特使に就任しました。更にその翌年となる2013年5月21日には駐日スペイン大使館で開催されたスペインのブランド・ロエベのファッションショーに出席、そこでスペイン語で日本スペイン交流400周年のプレオープニング宣言を行いました。更に9月17日には日本スペイン交流400周年のスペイン親善大使に就任するなど、今井翼さんのスペインに関する活動はとても大きなものとなりました。

もはや、ジャニーズの枠を超越してますね…。素晴らしいです!

大学の特別講義も

こうしてスペインに関する仕事をこなしてきた今井翼さん。更にジャニーズの枠を超えた仕事が飛び込んできました。

これは、今井翼さんがスペイン文化特使に就任した約1年後の2013年4月26日、なんと日本大学国際関係学部で特別講義を行ったのです。大学で講義をしたジャニーズタレントは、今井翼さんが初です。というか、芸能人でもなかなかありませんよね。しかも日大って…!

今井翼さんが担当した科目はもちろんスペイン語。今井翼さんは「スペイン語1」を担当しました。この講義には、講義は1年生を中心に約400人が受講。

コンサートではもっと大勢の観客をアイドルとして魅了している今井翼さんですが、大学の講義となるとまた別ですよね。繰り返しになりますが、大学の講義は今井翼さん自身も初の経験ですしジャニタレとしても今井翼さんが初。かなり緊張したのではないでしょうか?

講師として登場した時は当然学生から黄色い歓声が上がった今井翼さん。ですが、講義に入るとその空気は一変。今井翼さん自身が用意した資料とともに、動詞の活用を学ぶ文法からスペインと日本の文化交流の歴史について講義をしました。

また、自身のフラメンコを踊る映像も上映。

何度も言いますが、大学で講義とかもはやアイドルではありませんね。この時講義に参加した学生さんたちは、一生の思い出になったことでしょう!

まとめ

今回は、今井翼さんのスペイン語やフラメンコが得意となった理由についてまとめました。

今井翼さんのフラメンコに対する情熱は素晴らしいです。フラメンコのためにスペイン語を習得したということからも、その熱意が伝わってきますね。また、大学の講義経験からスペイン語に関する知識が芸能人の趣味レベルではないことも証明しています。

今井翼さんのジャニーズ事務所退所やタキツバ解散は寂しいですが、芸能界引退ではないようですので、いつか復帰してくれることを心から願っています!

(Visited 67 times, 2 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする