スポンサーリンク

小室哲哉は天才!ラストアイドルに名曲提供で引退も不要?ファンの声も

スポンサーリンク

2018年1月18日発売の「週刊文春」にて報じられた小室哲哉氏の不倫疑惑。

19日には小室哲哉氏本人による記者会見も開かれるなど、小室哲哉氏の不倫疑惑は芸能界全体に衝撃が走りましたね。今回の報道を受けて、小室哲哉氏が引退してしまうのではないかと心配するファンの方もいらっしゃいます。

2018年は、秋元康氏プロデュースのアイドルグループ・ラストアイドルの企画に小室哲哉氏がすることが決まっているだけに、彼の進退はラストアイドルファンも気になるところですよね…。

今回は、小室哲哉氏のミュージシャンとしての評価やファンの声などをまとめていきます。

出典:https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/bunshun_5887

スポンサーリンク

天才・小室哲哉氏がプロデュース(作曲)した主な名曲

小室哲哉氏がプロデュース(作曲)した主な名曲一覧

渡辺美里「My Revolution」

TM NETWORK「Get
Wild 」

TRF「survival dAnce ~no no cry more~」

篠原涼子 with t.komuro 「愛しさと せつなさと 心強さと」

H Jungle with t「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント」

華原朋美「I BELIEVE」

globe「DEPARTURES」

globe「Can’t Stop Fallin’ in Love」

安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」

※知名度の高い楽曲をセレクト

今回セレクトしたのは一般的に特に知名度が高いであろう楽曲であり、小室哲哉氏がこれまでにプロデュースや作曲をしてきた楽曲のほんの1部に過ぎません。ですが、この代表曲であろう楽曲を並べてもどれも名曲ですよね。

小室哲哉氏が手掛けてきている楽曲はダンスミュージックからJ-POP王道の楽曲まで幅広いですが、どんなジャンルにせよメロディーが綺麗なんですよね。

個人的にはglobeのDEPARTURESは90年代のJ-POPバラードの中でも1、2位を争うくらい好きです。冬には書かせない名曲ですね。切ないメロディーが素晴らしいです。

小室さんが奏でるビアノの音色もまたいいですよねー。

あと、一覧には書きませんでしたが、浜崎あゆみさんに提供した「Love song」も名曲だと思います。小室さんによるメロディーはもちろん、中野雄太さんによるアレンジもいいです。こちらも、ピアノの旋律が素晴らしく小室さんっぽさを感じますね。

小室哲哉氏の不倫疑惑を受けてのファンの反応

今回の不倫疑惑を受けてのファンの反応は様々なようです。

引退を懸念するファン

文春の取材やそれを取り上げた宮根さんの発言の影響もあるかと思われますが、やはりファンにとって引退は望んでいませんよね。

世間的ブームが去ろうとも、小室さんが音楽を届けてくれていることには変わりありませんから、ファンにとってそれ以上望むことはありません。

ラストアイドルファンからの反応

不倫疑惑が出てしまった以上、ラストアイドルがどうなってしまうか心配になるラストアイドルファンがいらっしゃるのは当然ですよね…。

ですが、小室哲哉プロデュースに期待しているラストアイドルファンの方もいらっしゃるのは心強いですね。特に、小室さんの音楽を聴いて育ったラストアイドルファンからの支持は嬉しいです。

その一方で、世代じゃないからこそ期待している方もいるようで。これもまた斬新な意見で面白いですね。

まぁそれだけ、小室哲哉という天才音楽家が一時代を築いて、名曲を生み出してきた証拠ですが。

結論・小室哲哉は天才

引退しないで欲しいというファンの声からも分かりますが、ひとつだけ言えるのは…

小室哲哉氏が素晴らしい名曲を世に残してくれたという事実は変わらない。

これに尽きるんですよね!

小室さんの気持ちに寄り添うファン、支えになろうとするファン、信じるファン…色々な形があると思われます。ですが、小室哲哉が残した名曲が汚れることは決してありません。

名曲は名曲です。天才は天才です。

そこだけは決して変わってはなりません。

自分はこれからも小室哲哉という素晴らしい天才ミュージシャンが作った名曲たちを聴き続けますよ!

(Visited 241 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする