スポンサーリンク
スポンサーリンク

【後妻業】関西弁の木村佳乃に違和感?演技もわざとらしいという声も

スポンサーリンク

2019年1月22日にスタートしたフジテレビ系火曜21時ドラマ「後妻業」。黒川博行氏による小説が原作のドラマで、木村佳乃さんが主演を務めています。

木村佳乃さんが同枠ドラマに出演するのは2016年春ドラマで放送された「僕のヤバイ妻」以来約3年ぶり。しかし、木村佳乃さんの演技がわざとらしいと話題となっています。

今回は「後妻業」の木村佳乃さんらキャストの演技についてみていきます。

出典:https://vod-like.com/gousaigyo-4409/

スポンサーリンク

関西弁の木村佳乃に違和感?ドラマ「後妻業」

ドラマ「後妻業」の舞台は大阪。よって、主人公・武内小夜子を演じる木村佳乃さんや柏木亨を演じる高橋克典さんなど主要キャストはみなさん関西弁で演技をされています。しかし、その関西弁の演技に違和感を感じられている視聴者の方が多数いるのです。

それもそのはず。木村佳乃さんは東京都出身、高橋克典さんも神奈川出身と関西弁とは無縁の場所で生まれ育ったのです。当然、演技以外で関西弁を喋ることはないでしょう。

要するに、木村佳乃さんや高橋克典さんはエセ関西弁で演技をされているということになります。どれだけ演技力のある方でも自身の故郷でない場所の方言を喋るのは簡単なことではありません。ですから、木村佳乃さんや高橋克典さんの関西弁の演技に違和感を覚えるのはごく自然ということですね。

木村佳乃はミスキャストなのか

故に、木村佳乃さんら主要キャストの演技がわざとらしいと感じられた方もいらっしゃいました。↑でご紹介したようにミスキャストではないか?という声も。

確かに、尾野真千子さんは奈良県出身ですし役柄的にも尾野真千子さんならハマり役となったかもしれませんね!

わざとらしい演技が逆にいい?

木村佳乃さんら主要キャストの関西弁が気になるという意見が多くあるドラマ「後妻業」。ですが、その関西弁のわざとらしい演技が逆に胡散臭さを出していていいという意見もありました。

確かに、木村佳乃さんの小夜子や高橋克典さんの柏木は胡散臭さはめっちゃありますよね。その胡散臭い感じはエセ関西弁での演技がよりそう感じさせているのかもしれません。

また、その胡散臭いわざとらしい演技がコミカルに感じられていい意味で気軽に観られるドラマに仕上がっているようにも感じました。木村佳乃さんと木村多江さんのコミカルなやり取りも面白かったですし。

ドラマ「後妻業」。2話以降も楽しみです!

(Visited 318 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク