スポンサーリンク

【獣になれない私たち】京谷の元カノに腹立つ!視聴率もピンチか

スポンサーリンク

2018年10月17日に放送されたドラマ「獣になれない私たち」2話。

業務改善要求をした昌は無事にその問題を解決出来るかが2話の見どころとなりました。ですが、京谷の元カノ問題が更に深刻化!?

今回は「獣になれない私たち」2話の感想や視聴率についてまとめていきます。

出典:http://yk8.xyz/archives/3020

スポンサーリンク

京谷の元カノに腹立つ!「獣になれない私たち」2話

https://twitter.com/rinchloe30/status/1052564253326995459

ドラマ「獣になれない私たち」2話の感想をまとめてみました。田中圭さん演じる花井京谷の元カノ・長門朱里(黒木華)に腹立つという意見が多いですね。

京谷の元カノ・朱里は、京谷と別れた後も京谷の住むマンションに居座っています。朱里の仕事が決まるまでという条件でマンションへ来させたようですが、就活をろくにしていない朱里。それどころか毎日ゲームばかりしていて部屋を散らかす始末。

2話では、朱里の問題から同居や結婚が先送りになってしまっている昌に「すでに京谷と同居している」と京谷の職場の人間に嘘までつかせてしまった京谷。さすがにここままではダメだと朱里にはやく引っ越すよう伝えるものの、まったく納得していない様子の朱里。

朱里が苦しんでのを心配した京谷が自分のマンションに来るよう声をかけたことから、朱里は会社を辞めて京谷のマンションに越してきたとのこと。それを今更出て行けと言う京谷に勝手だというのです。

しかし、自分が今の生活を変えようともせずに、現状をすべて京谷のせいにしている朱里。これはイライラしますね。視聴者が腹立つのも納得です。

しかも、京谷のLINEまで勝手に見てるし…、最悪すぎませんか!?

ただ、京谷も京谷なんですよね。今は昌という存在がいるのだから邪魔だとはっきり言えない京谷にもイラっとします。こういった京谷の優柔不断さも問題でしょう。

そもそも、買ったマンションに一緒に住む?と言われれば、そりゃ結婚!?とも思ってしまいますし。。

視聴率がピンチ?

野木亜紀子脚本、新垣結衣主演という「逃げ恥」コンビの「獣になれない私たち」。逃げ恥といえば、平均視聴率 14.5%。最終回視聴率は、20.8%を記録した大ヒットドラマです。テレビ離れと言われている現代では平均視聴率が二桁いけばまぁいい方だと思うんですが、その中で逃げ恥の視聴率は素晴らしいですよね!

こういった点から前評判は高い作品でした。

関連記事→新垣結衣主演【獣になれない私たち】は第2の逃げ恥?第1話の評判も

この逃げ恥コンビの新作というだけに、「獣になれない私たち」も高視聴率が期待されますよね!

そんな注目度の中放送された第1話の視聴率は、11.5%。これは、逃げ恥の初回視聴率10.2%より上回っています。てか、逃げ恥って最終回視聴率が初回の視聴率の約2倍なんですよね…改めてすごいです。

ところが今回の「獣になれない私たち」は初回こそ視聴率二桁を記録できたものの、2話ではTwitterのトレンドトップ10圏外。京谷の元カノに腹立つ!などの感想から視聴者もこのドラマに対して苛立ちを見せています。

そういった話題性から視聴率upに繋がることもありますが、トレンド圏外はこの前評判を考えるとちょっときついですね。

巻き返し出来るといいですね。

(Visited 616 times, 4 visits today)