スポンサーリンク

【高嶺の花】5話あらすじと感想まとめ~市松のももの母親に関する話は嘘?

スポンサーリンク

2018年8月8日に日本テレビ系で放送されたドラマ「高嶺の花」5話。

4話では、ななが抱えてきたコンプレックスをももに吐き出し、市松に自分も家元になるチャンスが欲しいと伝えるなど、ななの心情に大きな変化がありましたね。

一方、ももと直人はどんな進展があるのでしょうか?

こちらの記事では、ドラマ「高嶺の花」5話のあらすじと感想をまとめていきます。

出典:http://biz-journal.jp/2018/07/post_24123.html

スポンサーリンク

ドラマ「高嶺の花」5話のあらすじと感想

一夜を共にしたもも(石原さとみ)と直人(峯田和伸)は、商店街の人たちにもそのことを報告します。そこで、ももが華道名家の令嬢だということを知った商店街の人たちに対し、ももはこれまで通り接してほしいと頼み、商店街の人たちもそれを快諾。

こうして、本格的に付き合い始めたももと直人。ももは、直人をなな(芳根京子)に紹介することに。すると、ななも龍一(千葉雄大)をももに紹介するために家に呼んでいました。

龍一と対面した直人は自分とのあまりの違いに引け目を感じていて…。

そんな直人とは裏腹に、ももは直人を市松(小日向文世)に紹介するため、直人を月島家に招きます。そこでももは、直人を結婚し早々に式を挙げると言い出します。

市松は直人に月島の養子になるつもりはあるのかと聞きますが、そのつもりはないと話す直人。ももは、風間家に嫁ぐこと、そしてななを次の家元にして欲しいと頼みます。

暴走するももに対し、自分の意向に反するのであればももを破門にすると言い出しますが、それで構わないというもも。むしろ、それこそがももの意志でもありました。

しかし、それでもなおななを家元にする気はない市松にルリ子(戸田菜穂)は「私を愛していない!」と感情をぶつけます。

ももを心配した高井(升毅)は直人の店を訪ね、ももとは別れるよう忠告。

一方、ももは龍一に会いに行き、「ななを泣かせたらあんたも泣かす。月島市松をなめないほうがいい。」と忠告します。

そんな中、真由美(西原亜希)から連絡を受けたももは真由美と会っていました。そこで、吉池(三浦貴大)が家出をして行方が分かっていないことを聞かされます。ももと吉池の結婚を壊したことを謝る真由美に対し、吉池の居場所が分かったらすぐ連絡をすると伝えます。

そのころ、吉池は月島家に現れていました。市松への怒りを抑えきれなくなった吉池は市松に大けがを負わせてしまいます。

市松が病院へ運ばれたと連絡を受けたもも達は市松のいる病院へ。

自分のかつての婚約者のせいでケガを負った市松に「ごめんなさい。」と謝るももでしたが、市松は自分がももと吉池の結婚を壊したことへの罪悪感が減って楽になったと話します。

続けて、自分が普通の父親なら吉池との結婚も祝福出来ていたと父親としての本音を打ち明けた市松。

更に、市松はももの母親との約束について語りだします。

ももの出産と引き換えに自分の命を失う可能性があるとももの出産前から分かっていた市松は、ももを出産することを反対。

しかし、そんな市松に、家元を継ぐ存在であるももは、自分の命と引き換えにしてでも産む価値がある。ももを産むことは自分が生きた証。そう言い残してこの世を去ったももの母親のためにも、ももの華道家としての才能を潰すわけにはいかない。

その市松の言葉を聞いたっもは、再び華道家としての宿命を受け入れ、華道家として生きることを誓います。

ところが、そんな新たな決意をしたももの前に吉池が現れ「もう1度自分を愛してほしい。」とももを抱きしめ…。

…というのが、「高嶺の花」5話の大まかなあらすじ。

市松のももの母親に関する話は感動的でした。…って、あれ??

ももの父親は高井さんなんじゃ…?

これって、市松の作り話ですよね。これがほんとなら、ももの父親が市松だと思い込んでももの母親は亡くなったことになりますが、さすがにそれはない気がしますし…ウソくさいですね。

てか、もももあれだけ市松を恨んでいたのにあんな簡単に信じ込むとは。いや、まさかももの演技だったりして?

でも、実際ももの母親の存在って謎なんですよね。なんせ、亡くなってるって情報以外何も出てきてませんし。仏壇やお墓とかどこにあるんでしょう??

いずれにせよ、市松の作り話なら市松…、恐ろしすぎます。

ドラマ「高嶺の花」5話ネットの評判は?

https://twitter.com/hyrrrrrnnnnn/status/1027192930061041664

やはり、市松の話が本当なのか疑ってる方が結構いらっしゃいますね。みなさん、同じ感想を抱いているようです。笑

確かに、あんな話をされたら月島と縁を切って結婚するとは言えないはず。やはり、市松の作戦か!?

https://twitter.com/Happychan2525/status/1027196356614447104

6話で第1章完結とのことですが…、ももは一体どんな行動に出るのでしょうか。やはり、直人(プーさん)を裏切ってしまうのか…。

5話まで順調に関係を築いてきてももと直人でしたが、6話はツラい展開になる予感がしますね。

8月15日放送のドラマ「高嶺の花」6話あらすじは?

命に代えて自分を生んでくれた母のためにも、月島流の家元にならなければと決意したもも(石原さとみ)。だがももは、満足のいく作品を創れなくなっていた。
なな(芳根京子)は直人(峯田和伸)との結婚を控えたももを訪ね、ももが逃亡中の吉池(三浦貴大)を匿っていることを知って驚愕する…!

そんな中、ももと直人の婚約パーティーが佳代子(笛木優子)の店で開かれる。商店街の人々に祝福され、ももははしゃいでいた。その晩、ももの願いで、直人は酔った彼女をおぶって区役所に行き、婚姻届を提出する。

龍一(千葉雄大)がももの驚くべき真意を推察するのを聞き、ななは、二人の結婚を止めなければと直人に会いにいく。しかし、ななの話を聞いた直人の答えは、意外なものだった。
そして、ももと直人は、結婚式の日を迎え…。

出典:https://www.ntv.co.jp/takanenohana/story/index.html

まとめ

今回は、ドラマ「高嶺の花」5話のあらすじと感想まとめ、6話のあらすじをご紹介しました。

どんどん複雑でややこしくなってきますね。まぁそれが野島伸司クオリティなんですけれども。まとめていても、ややこしいですw

ももと直人の運命は…?

6話以降も目が離せません!

(Visited 141 times, 2 visits today)