スポンサーリンク
スポンサーリンク

【乃木坂46】Route246の歌詞は適当なのか?小室哲哉の歴代代表曲をみた

スポンサーリンク

2020年7月24日に配信限定シングルとしてリリースされた乃木坂46「Route246」。乃木坂46としては初の小室哲哉による作曲作品。

突如発表された小室哲哉の復帰に若干驚いたものの、秋元康と小室哲哉の関りは以前からあったし、復帰も乃木坂46への提供もそこまで衝撃的ではなかった。

とはいえ、乃木坂46と小室哲哉の音楽はかけ離れていたため、そのマッチング度合いに関しては未知数だと思った。蓋を開けてみれば、何より歌詞が適当だと話題となったのである。

乃木坂46と小室哲哉のタッグは失敗だったのだろうか?

スポンサーリンク

小室哲哉の歴代代表曲にみるRoute246の歌詞

「Route246」の歌詞は、とにかくWOW WOW WOW WOWがしつこい。第一印象でそう感じた方は多かっただろう。

元々、秋元康は歌詞にWOW WOWを入れる頻度が高いが、「いつかの場所から WOW WOW WOW WOW 歩き出せばいい WOW WOW WOW WOW」と文の途中にWOW WOWを挟んだサビの歌詞はどうしても適当感を拭えない。仮歌の歌詞のように聞こえてしまうのも事実だ。

しかし、秋元康は本当に適当に歌詞を書いたのだろうか?

ここで歴代の小室哲哉プロデュースの代表曲をいくつかみてみよう。まず、TRFの「survival dAnce」。サビでyeh yeh yeh yeh wow wow wow wowを連呼している。H Jungle with tの「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」でも、サビでWOW WOW WAR WOW WOW TONIGHTとやはりWOW WOWを多用している。

Route246はglobeのFeel Like danceのサビメロに似ているとも話題となったが、同じくglobeのFREEDOMでもWow Wow Wow Wowという歌詞が出てくる。このように、そもそも小室哲哉はWow Wowの使用頻度が高いのだ。

関連記事→小室哲哉は天才!ラストアイドルに名曲提供で引退も不要?ファンの声も
関連記事→【ラストアイドル】風よ吹け!評判にみる小室哲哉の魅力!表題曲確定?
関連記事→ラストアイドル 風よ吹け!は歌詞も小室哲哉節!北斗七星がクセになる?
関連記事→ラストアイドル バトル勝者予想!小室哲哉と織田哲郎の対決が名勝負?
関連記事→PANDORAには未来がある!浅倉大介との対談でみえた小室哲哉の音楽愛
関連記事→【安室奈美恵】ファイナリーツアーセトリ感想まとめ~小室哲哉愛に感動
関連記事→【安室奈美恵】ファイナリーツアーで小室哲哉サプライズ登場を期待!

このことから、恐らく秋元康は歴代の小室哲哉の代表曲の世界観を再現しようとしたのではないかと思う。この再現を実現することが彼の復帰へのエールと考えていたのかもしれない。

小室哲哉の代表曲の本質と秋元康が乃木坂46へ伝えたかったこと

小室哲哉が小室ファミリーへ手掛けた楽曲は基本的にダンスミュージックだ。小室ファミリーが躍進したのはバブル期直後。彼の作ってきたダンスミュージックはそのバブル期直後の時代を反映させている。

そうして作られた小室流ダンスミュージックにある本質は、「音楽って楽しいよ!みんな一緒に踊ろうよ!」だと解釈している。つまり、彼の音楽の中にある楽しさとはバブル期直後のディスコをイメージしているのだと思う。

そこで踊る人々は何も考えていないわけではない。孤独や悩みを抱えている。だからこそ人恋しくて誰かを求めて踊っているような主人公も多い。

だけど、今夜だけでも嫌なことは忘れて踊り明かそう。小室哲哉n歴代代表曲にはそのようなメッセージが込められているように思う。yeh yeh wow wowはそれを表現したものなのではないだろうか?

よって、小室哲哉の作曲作品に重い歌詞は似合わない。Route246はwow wowを連呼して歴代の小室哲哉代表曲を再現した作品と考えれば、この歌詞はありではないかと思う。

この一見適当に見える軽い歌詞こそがメッセージ。小室哲哉にとってyeh yeh wow wowは最大のメッセージソングなのかもしれない。

それを秋元康は乃木坂46に託したかったのではないだろうか。

(Visited 74 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク